1.  


  2. "昔イタリアの田舎町を歩いてたら石畳に椅子並べて日向ぼっこしてる三人爺がおり、枯れきった佇まいがよくて風景撮影のつもりでそっとカメラ向けたら、「タンクトップの若い東洋娘が!」「俺たちを!」「見ておる!」と急にギラリと男の顔になり「ほら、もっと撮れよ……」と皆でキメポーズ取りだした。"
     

  3.  


  4. "

    ここでなぜ、我々がむかつくのか考えてみます。

    日本の宗教観では、死んだら罪は許されます。逆に「死んで罪を償う」という考え方があります。

    しかし安らかに死ねなかった場合、非業の死を遂げた人が悪霊とならないように神社に祀(まつ)ってしまいます。

    靖国の戦犯も同じで、「死んだらみな仏」「神として祀るから祟らないでね」との気持ちで祀っているのです。日本人であれば納得のロジックです。

    しかし外国人にしてみれば、犯罪者や反逆者を神として「神として祀る」のは信じられないかもしれません。

    日本人は自分で気づかないほど、強固で独特な宗教観を持っています。

    これはディープな話になるので別の機会で詳しく述べますが、日本人は決して無宗教ではありません。日本人ほぼ全員が山本七平氏が言うところの「日本教」の教徒なのです。

    これは外国人と接したり、歴史・文化・宗教について深く考えた人ほど思い当たる節が多いと思います。

    日本教には経典がありません。儀式もありません。宗教警察も宗教裁判所もありません。

    子供が生まれたときからその「布教」は始まっており、無自覚のまま死んでいきます。

    日本人は生活や仕事すべてが宗教的です。

    村八分にされるのも、能力や業績で出世が決まらないのも、日本では宗教的態度が一番の問題となるからです。

    日本で世界宗教会議が開かれるのは、日本人が無宗教だからではありません。他宗教も矛盾なく受け入れられる強固な宗教なので、問題にならないのです。

    「自分たちの独特で強固な宗教観に日本人自身が無自覚」これが第一のポイントです。

    "
     

  5. handa:

    Awa odori 阿波踊り, "Before the dance" & "Last day, last dance", Tokyo, Japan - August 2012

    Source : Ajpscs Flickr

    (Source: taishou-kun, via konishiroku)

     


  6. "携帯は別にペースメーカー乱さないけど公共の場でいきなり怒鳴り出すオッサンは心臓に悪いと思う"
     

  7. swadloona:

    This is honestly the coolest tattoo ever?

     

  8.  

  9. musts:

    Bamboo ferest, Japan.  Photography by  Danny Dungo

    (Source: musts, via highlandvalley)

     


  10. "人間の三代欲求は食欲、睡眠欲、性欲と言われているけれど心理学の本によると、厳密には性欲ではなく「仲間を増やしたい欲求」が正しいらしい。この説明なら性欲の他にも人から愛されたい願望や自己顕示欲、他人がハーレムを作ることに対する嫉妬なども説明がつくので成る程なあと思った。"
     

  11.  

  12. (Source: maresiaas, via cottonsugar)

     

  13.  

  14. tillyouandiseethesun:

    this isn’t even a problem

    (Source: youtube.com, via highlandvalley)

     


  15. "若い世代に金を回さなかったツケはそのうち大きく出てくる。「金がない」の一言でいろんな経験をパスしてしまい、「安いモノでいい」ということで感性や感覚の洗練をしなかった世代は、その後もずーっと趣味や消費の高度化をすることはないだろう。そのとき、趣味や文化にかかわる産業は消滅する。"